筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba
HOME > トピックス > 産業現場等における実習を受け入れました。

産業現場等における実習を受け入れました。

 平成30年6月28日(木)~29日(金)の2日間、岩戸養護学校高等部2年生の女子生徒1名が、本校で産業現場等における実習を行いました。

 1日目の午前中は、校舎周辺の落ち葉の清掃や草取りをしました。落ち葉の清掃は、学校の授業でもやっているそうで、ごみ袋の空気の抜き方や口の閉じ方、ほうきの使い方も馴れて大変上手でした。休憩を取りながら、暑い中、時間いっぱい頑張りました。

 午後は、幼稚部の給食の配膳と片付けをしました。昼食休憩後、幼稚部教室の清掃をし、洗濯物をたたみました。体力のいる1日でした。

 2日目は、寄宿舎の部屋、会議室の掃除、幼稚部のおもちゃ等の片付けをしました。掃除と一口に言っても、ほうき、掃除機、モップ、雑巾等、様々な道具を使って行います。将来、どんな職業についても、掃除は必ずあります。そこで、この実習では様々な道具を使う掃除に取り組んでもらいました。
1.jpg2.jpg
3.jpg4.jpg


 実習中、朝、出勤に使っている路線バスに、本校の幼稚部のお母さんと子供たちが乗り合わせたそうです。お母さんたちは、生き生きとした表情の実習生を見て、「うちの子もこうなるのかな。なってほしいな。」とおっしゃっていました。

 本校では、産業現場等における実習他、高校生の研修や実習も受け入れています。地域の雇用にも貢献できるように、努力したいと思います。