筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba
HOME > トピックス > 今年度も学校大型プールを組み立てました。

今年度も学校大型プールを組み立てました。

 6月13日(水)に、今年度も校庭の海側に大型プールを組み立てました。幼児児童が下校後すぐに、本校職員と、隣の特別支援教育総合研究所の研究員と研修員の先生方5名にもお手伝いいただき、協力して作業を進めました。

 2017年にできた本校の大型プールは、縦13.65m、横5.55m、水深0.9mという、組立て式プールでは、最大のサイズの物です。土台の外枠に水を溜めるための大型シートを張り、プールサイドの板をボルトとナットで固定した後、幼児も使用できるよう、プール内に水深を調整するプール台も配置しました。また、シャワーや更衣室も設置して、約2時間で大型プールが完成しました。早速、水を入れ始め、約43時間で、満水になる予定です。

 いよいよ、子供たちにとって、待ちに待った水遊び、水泳のシーズンが始まります。

 今年度のプール開きは6月27日(水)を予定しています。また、夏休み中は、在校生へのプール開放と共に、卒業生へのプール開放日も設けます。プールの水面と目の前の海面が重なって見える絶景のプールで、今年も元気にたくさん泳いだり、遊んだりします。

 卒業生のプール開放日については、ホームページにてお知らせします。お楽しみに!!

1.jpg 2.jpg