筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

寄宿舎行事「節分をしました。」

 寄宿舎では、1月29日、一足早い節分を行いました。

 当日までに、鬼のお面を作ったり鬼の被り物をしてかわいい小鬼に変装したりしました。お面作りは、見本を見て自分で描いた子も塗り絵に挑戦した子もいました。みんな昨年より、かなり上達していました。また、おやつ作りの時間には、恵方巻を作りました。初めての巻き寿司でしたが、それぞれ上手に巻けました。「あ~ん。」と大きな口を開けてまるかぶり。お腹いっぱいになりました。

 当日は、T君が司会を引き受けてくれました。練習の成果もあって、とてもスムーズに会を進行してくれました。節分の話を聞いてから、2チームに分かれてふくわらい。どちらのチームも、かわいい『ふく』ができあがりました。そして、『ふく』が来たところで赤鬼の登場です。ちょっと怖い赤鬼に向かって、豆をまきました。でも、みんな、気が優しいので、ちょっと、鬼に押され気味だったかな?撒かないで、ぽりぽり食べている子もいましたよ。

 豆をまかれて退散した鬼は、優しい鬼になっていました。司会のT君が鬼を呼んできて、一緒に記念撮影。その後、おやつに豆と鬼のパンを食べて、寄宿舎の節分が終わりました。節分は終わりましたが、暖かい春は、もう少し先になりそうですね。


1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg