筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

普通救命講習会を実施しました。

 平成29年8月1日(火)、横須賀市南消防署の救急隊員の方1名とボランティアの方2名を講師として本校にお招きし、教職員を対象に普通救命講習会を実施しました。

 本校では、幼児児童等が、病気やけがにより、突然の心肺停止、若しくは、それに近い状態になったときに、速やかにAED(自動体外除細動器)の使用を含む、心肺蘇生法ができるよう、そのための知識と技術を身に付けるという目的で、毎年、普通救命講習会を実施しています。

また、喉に何か詰まった場合、学校のプールなどで溺れた場合、エピペンの使用が必要な場合と使い方などについても学ぶことができました。

日頃から、幼児児童が安心・安全に学校生活を送れるよう、教職員全員で安全管理の徹底に努めることが大切です。

 今後、幼児児童が、疾病、怪我、事故等で生命の危険にさらされた場合には、今回学んだことを生かして適切な対応に努めたいと思います。
1.jpg
①心肺蘇生法の基本的な流れについて学んでいる様子

2.jpg
②交代で胸骨圧迫をしている様子

3.jpg
③AEDの使い方を学んでいる様子

4.jpg
④喉に何か詰まったときの対応について学んでいる様子