筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

10月31日 はい、どうぞ!

 本日、教室を回っていると、小2の教室で「ハロウィン」が話題に上り、「Sちゃんの今日の髪留めゴム、ハロウィンなんですよ。」と担任の先生が教えてくれました。Sさんの頭をよく見ると、髪留めがオバケとコウモリになっていて、さりげなくハロウィンが演出されていました。いつの間にか気付くともう10月も終わり、あと2か月で今年も終わるんだなとしみじみした気持ちになるととともに、今日のニュースでは、きっと街中にくり出したいろいろな仮装をした人たちが取り上げられるのではないか、と思ったりしました。
髪留め.JPG

 仮装といえば、今週の月曜日(10月28日)に、寄宿舎の行事として「ハロウィン」が行われ、入舎生が思い思いの仮装をして、お菓子集めに回りました。
全員写真.JPG

 校長室で待っていると、ノックをした子供たちが、それぞれ手作りのカゴを携えて、ぞろぞろと入ってきました。そして、練習してきた「トリック・オア・トリート!」「おかしをくれないと、いたずらしちゃうぞ!」「いたずらしちゃうぞ!」というセリフを、一人ずつ披露してくれました。そのセリフを待って、私は一人一人に「はい、どうぞ!」とお菓子を配ると、子供たちは一仕事終えたという感じで、次の場所へと移っていきました。入舎生たちは、その日はきっと集めたお菓子を、寄宿舎でたっぷり食べたと思います。子供たちの仮装した姿はそれぞれ似合っていて、「いたずらするぞ」と言われなくても、たくさんお菓子を「あげちゃうぞ」、そんな気持ちにさせられました。
校長室1.JPG 校長室2.JPG